お得な格安航空券ですがいいことばかりではなかった!格安航空券のデメリットとは

通常チケットより安い運賃で旅行することができる格安航空券ですがデメリットもあるんです! - 荷重制限について

荷重制限について

格安航空券を使用するときには、なるべく追加料金が発生しないように工夫が必要です。
たとえば旅行に出かけるときには新しい下着や洋服を持っていくことが多いと思いますが、1回着たら捨てても惜しくないような下着を持って行くことも考えてみてはいかがでしょう。
下着の総重量なんて知れていますが、シャツとパンツとソックスを人数分、全部を処分してきたら1個のスーツケース半分は空くかもしれません。
またTシャツも、夏季であれば日数に関係なく2枚あれば洗い替えで十分対応できます。
雨の日の服装は必要な時に百均ショップで調達すれば問題ありませんから、余計な荷物を持たないことです。
ちなみに夏季の沖縄は大雨でも傘をささずにずぶ濡れで歩いていて、屋内のエアコンで乾かすのが一般的です。
お土産品の発送も考えてみましょう。
荷重追加料金が発生しないために一番いいのは軽い品物を選ぶことです。
例えば紅イモタルトや黒糖のようなお菓子はパッケージの割には軽く、雪塩やコーレーグスのようなトッピング品は容量が小さいので1人前が軽いのでたくさん買っても荷重を心配することは無いと思います。
また芭蕉布のような高級織物や夜光貝などのアクセサリーもお土産としては最適と言えます。
沖縄の伝統的な工芸品を今風の製品にしていたり、特産物を加工して歴史的な芸術品となった伽藍が今風のアクセサリーになっているわけです。
どちらも高価な品物であり土産品としては荷重を心配することは無いはずです。
一方で芸術品とは言ってもやちむん焼きや琉球ガラスなどは重い品物が多く不向きかもしれません。
ほかにもグルメ愛好家にも有名なあぐー豚や石垣牛、アイスクリームなどはパッケージや保冷剤も含めると相当な重さとなってしまいますので、まとめて郵送した方が安いかもしれません。
格安航空券を使用するときには、機内持ち込み分と預け荷物分の総重量を上手に分配して、ちょっとした工夫して余計な出費を防ぐことができます。

関連記事:

次の記事: を読む »

アーカイブ