お得な格安航空券ですがいいことばかりではなかった!格安航空券のデメリットとは

通常チケットより安い運賃で旅行することができる格安航空券ですがデメリットもあるんです! - 安いチケットほど良いのか

安いチケットほど良いのか

格安航空券の良さはその料金の安さにありますが、果たして安ければほんとに良いチケットなのでしょうか。
正直言って旅行の出発日が多少違っていても問題ない長期休暇を取れる方や学生さんだと、日程的なアクシデントがあっても問題をクリアすることができると思います。
例えば夏季の沖縄では台風が直撃して飛行機が飛ばないことや、滞在中に台風がやってきて足止めになることは、まったく想定されない事ではないわけです。
では、そのような状況を天気図などから推測して取りやめるのかと言えば、せっかくのプランを潰すこと無く、出発日をずらしたり、多少長く滞在してでも行きたいと思う方であれば問題ないはずです。
でも日程がキッチリ決まっていて、プランの翌日には仕事があったり用事がある場合には、そんな悠長なことは言ってはいられないでしょう。
当初のプラン通りに進まないと分かっているのであれば取り止めるか、もしくは日を改めて、再度プランを練り直して沖縄観光を楽しみたいと思うはずです。
ところがノーマルチケットでは返金や振り替えができても、格安航空券の場合にはキャンセルすると100%のキャンセル料が発生します。
つまりチケットの返金は無いという事になるわけです。
もちろん台風が直撃して運航中止になっていれば、返金には応じてもらえますが、自分の予測段階ではキャンセルによる返金は認められません。
このようにアクシデントが起きた時には、自己責任で解決することが求められるばかりか、そのフォローは期待できないのが格安航空のデメリットと言えます。
ただし、チケットの料金はそのフォローがない事も含んだうえでの格安料金なのですから、利用する以上、十分に理解をして申し込む必要があります。
最近では格安のチケットに対する利用者の不満に対して、フォローするオプショナルプランが設定されているものや、保険で一部を対応するものも現れていますので、多少割高にはなりますがリスクを軽減して利用する方法もあります。

関連記事:

    None Found

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

アーカイブ